交通事故にあったら

  1. けがの確認』                                         
    まず、安全な場所に車を止め、自身の身体と同乗者にケガがないか確認。少しでも痛みや不安を感じたら、迷わず119番!

  2.  『110番する』                                           
    必ず警察を呼び、
    当事者同士での現場での示談や口約束はしない。痛みがある場合などは、その旨を警察に伝え人身扱いとする。

  3. 『加害者の情報をメモ』                                     
    相手方の運転免許証、車検証で氏名、住所、連絡先、車のナンバーさらに自賠責保険、任意保険の会社名、証明書番号を確認しメモを取りましょう。

  4. 『写真、目撃者を確保』                                     
    自分の車両の被害状況、相手の車両の被害状況の写真を撮っておきましょう。(携帯電話の写メでもOK!) さらに万が一、相手方とのトラブルになったときのために、目撃者がいれば協力を得て、証言もメモしましょう。氏名や連絡先を聞き必要ならば、証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。

  5. 『保険会社へ連絡』                               
    保険会社に連絡し下記のことを連絡する。                           
    ・事故の日時、場所                                         
    ・相手の住所、氏名、電話番号、車名、ナンバーなど                     
    ・事故の状況                                            
    ・届け出警察署

  6. 『病院へ行く』                                    
    現場では事故のショックで興奮状態から、痛みを感じない場合もあります。家に帰ってホッとしたら、翌朝起きてから、1週間後に痛みが出る場合もあります。すぐに病院に行き、少しでも痛いところは全てカルテに記載してもらいましょう。またレントゲンだけでなく、CT,MRIなどの綿密な検査も受けましょう。(事故後、2週間以上経過した事案については、事故との因果関係が認められないことが多いようです。)

  7. 『なかじま接骨院を受診する』                                 
    救急車で運ばれるような大きな病院では、待ち時間も長くなかなか納得のいく治療を受けられないケースも多いようです。                                まず、なかじま接骨院へお電話いただき、交通事故治療を受けたいとお伝えください。保険会社にもなかじま接骨院で治療を開始する連絡を入れ、その後、ご来院いただき、治療開始となります。
     

 

もっと詳しく知りたい方は・・・交通事故Q&Aをご覧ください。